カンパニーメッセージ

ご挨拶

 当社は、昭和13年株式会社神戸製鋼所が下関市長府の海岸を埋め立て、アルミ合金素材工場を設立すると同時に原料等の運搬を主体として創立されたものであります。以来、「製品は心でつくる、 心で包む、 心で運ぶ」をモットーに、神戸製鋼グループの協力会社として企業運営を推進してまいり、また多くの皆さまの力強いご支援のおかげにより成長、発展してまいりました。

 時代は移り変わり、我が国経済は、あらゆる資源価格の高騰の影響により厳しい経営環境にあり、また世界経済も新興工業国の発展やボーダレス化が進む中、不透明な状況が続いておりますが、当社は永年培ってきた「物流業」や「製造業」の経験やノウハウを活かし、常に未来を見据えて、 「皆さまのお役に立ち、世の中に貢献できる企業」の実現に向け、全社員がひとつになって努力を続けてまいります。

 今後ますますのご愛顧と御引立てを賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

In 1938, Nissin Unyu Kogyo was established when Kobe Steel Ltd. reclaimed land in the Chofu area of Shimonoseki City, founding an aluminum alloy materials plant, while at the same time the company's main business-raw materials transportation- was established. With the motto of 'putting our all into the manufacture, packaging and transport of our products'Nissin Unyu Kogyo is promoting its business operations as a cooperative corporation of the Kobe Steel Group, and thanks to your vigorous support, we are continuing to develop and grow.

Times change, and due to the effects on the economy of steep rise in prices of all types of resources, we are now in the midst of a severe management environment. Amid the development of the newly industrialized countries and the advancement of borderless economies, the global economy is also facing continued uncertainty. With each and every employee joining together, Nissin Unyu Kogyo is utilizing its experience in the physical distribution and manufacturing industries as well as its considerable know-how, always thinking of the future as it seeks to bring value to its customers and makes a positive impact on the world.

We look forward to continuing to serve you in the future.

Hideko Matsuura,Representative Director and President

経営方針

品質方針

基 本 理 念

日新運輸工業は経営理念でもある「経営の創造と革新に努める」を柱に、お客様の満足度向上を最大の目標として、社会貢献できる製品及びサービスを提供すると共に、継続的な改善を図っていきます。

基 本 方 針

1お客様第一の企業活動
⑴お客様とのコミュニケーションを図りながら、お客様の要求品質を満足する高い品質目標の設定と、管理を徹底し、顧客満足度向上を図ります。
⑵お客様の潜在的な期待とニーズを的確に捉え、高品質できめ細かい継続的サービス活動を展開します。
2品質目標の設定とレビュー
製品・サービスの顧客満足度を維持・向上するために「部署品質目標」を掲げ、達成に必要なプロセス及び責任を明確にするとともに、必要な資源を的確に把握し且つ迅速に提供することで、「部署品質目標」の達成を実現します。
3リスクマネジメントの推進
お客様への影響評価や事業のリスクマネジメントを行い、万一の不適合やクレーム発生時の迅速な対応と徹底した再発防止を図ります。
4品質マネジメントシステムの継続的改善
ISO9001の要求事項に適合した品質マネジメントシステムを構築・運用し、製品・サービスのさらなる品質向上を目指し全社一体となって、品質マネジメントシステムを継続的に改善していきます。

2017年10月1日
日新運輸工業株式会社
代表取締役社長
松浦 秀子

品質方針

環境方針

基 本 理 念

日新運輸工業は、地球温暖化や大気汚染等の原因となる様々な環境負荷を低減することが、企業の社会的責任の一つと深く認識し、『環境にやさしい物流』をスローガンに全社一体となって、環境保全活動を推進します。

基 本 方 針

  • 1環境関連法規制を遵守し、環境保全に努めます
  • 2エコドライブの実施など省エネルギー運動を推進します
  • 3環境保全に関する社内広報活動、環境教育を通じて従業員への周知徹底を図ります
  • 4廃棄物の削減と再資源化を推進します
  • 5本方針は、広く社会に公表します

2007年10月1日
日新運輸工業株式会社
代表取締役社長
松浦 秀子

環境方針

労働安全衛生方針

基 本 理 念

日新運輸工業は経営トップからすべての従業員まで基本理念として人間尊重」を堅く決意し、当社で働くすべての人の安全と健康を守る為に、基本理念に基づく実践により安全文化を創造し繁栄していきます。

基 本 方 針

1 日新運輸工業は「労働災害は一切起こしてはいけない」という決意のもと、たゆまぬ日々の安全衛生活動を通じてゼロ災運動を推進します。
2 日新運輸工業は職場や作業にひそむ全ての危険を災害が発生する前に積極的に発見し、把握し、解決する職場風土をつくります。
⑴ リスクアセスメントにより危険要因を明確にし、リスクの低減に努めます。特に当社特有のリスクである「クレーン運転・玉掛け作業時のリスク」「フォークリフト・トラック運転時のリスク」に重点を置き、安全が確保できる職場環境をつくります。
⑵ 人間特性に基づくヒューマンエラー防止に焦点を当て、危険予知活動を実践します。
⑶ 5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を徹底することにより、安全で働きやすい職場をつくります。
⑷ 労働安全衛生に関するヒヤリング並びにパトロールを定期的に実施し、PDCAサイクルを繰り返すことにより、継続的な改善を図ります。
⑸ 教育訓練を計画的に実施し、一人ひとりの問題意識強化、改善の継続、危険予知能力と問題解決能力の向上を図ります。
3 日新運輸工業は健康増進活動を推進すると共に、「心の健康は企業活動の源である」ことを明言し、メンタルヘルスケアの実施に取り組みます。
4 日新運輸工業は健康で働きやすい環境づくりのため、有害作業職場の改善に取り組みます。
5 日新運輸工業は親会社・取引先とのコミュニケーションを良好にし、共にゼロ災を目指していきます。
6 日新運輸工業は当社で働くすべての人に労働安全衛生方針を周知し、コミュニケーションを良好にすると共に、安全の共有と共存・共栄を目指します。
7 日新運輸工業は安全衛生管理に関する法令並びに社内規定、標準を遵守します。

2010年4月1日
日新運輸工業株式会社
代表取締役社長
松浦 秀子

労働安全衛生方針

反社会的勢力との関係断絶に関する宣言

当社は、公共の信頼を維持し、業務の健全性・適切性の確保およびお客様と従業員の安全を確保するために、ここに暴力団、暴力団関係者、総会屋などの反社会的勢力の排除に向けた基本方針を宣言し、これらの勢力と一切の関係を断絶します。

  • 1.当社は、反社会的勢力とはいかなる取引も行わず、一切の関係を遮断します。また、いかなる場合においても、反社会的勢力関係者に対し、金銭その他の経済的利益を提供いたしません。
  • 2.当社は、反社会的勢力との接触に備えて、平素から警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等関係外部機関と緊密な連携関係を構築してまいります。
  • 3.当社は、反社会的勢力による不当要求を断固として拒絶します。また、組織的に対応を行い、従業員の安全確保に努めます。当社は、民事上の法的対抗手段を講ずるとともに、被害届の提出や告訴を含む刑事事件としての対応も躊躇しません。
  • 4.当社は、取引先等の調査には細心の注意を払います。また、万が一、反社会的勢力とは知らずに何らかの関係を有してしまった場合には、判明後取引の解消に向けた適切な措置を速やかに講じます。
  • 5.反社会的勢力からの不当要求が、事業活動上の不祥事や従業員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠ぺいするための取引等は絶対に行いません。

2017年8月1日
日新運輸工業株式会社
代表取締役社長
松浦 秀子

反社会的勢力との関係断絶に関する方針